国際交流会館における5類移行後のCOVID-19対応について

「新型コロナウイルス感染症に対する本学の対応方針」が廃止されたことを受け、国際交流会館におけるCOVID-19対応については以下の通りとします。

変更内容:
●入居手続き(※)

1)入居予定日の確定期限
 原則として入居予定日の10営業日前までに入居日を確定していただいております。
 これまではコロナ禍であることを考慮し、入居可否の最終判断を3営業日前まで待つこととしていましたが、
 これを機にこの対応を取止め、従前通りの対応といたします。
 最新情報については「受付から入居までの流れ」をご参照ください。

2)キャンセル料
 原則として「キャンセルと再予約」でご案内している通り、お支払いいただいております。
 これまではコロナ禍であることを考慮し、COVID-19を理由とする入居予定日の延期、キャンセルの場合には、
 キャンセル料/初回請求額を徴収しないこととしていましたが、これを機に本対応を取止め、
 従前通りの対応といたします。
 最新情報については「キャンセルと再予約」をご参照ください。

3)キャンセル後の再予約
 原則として「キャンセルと再予約」でご案内している通り、入居許可通知書発行後のキャンセルについては
 ルールを定めております。
 これまではコロナ禍であることを考慮し、COVID-19を理由とする入居予定日の延期、キャンセルの場合には、
 当該ルールを適用しないこととしていましたが、これを機に本対応を取止め、
 従前通りの対応といたします。
 最新情報については「キャンセルと再予約」をご参照ください。

 ※従前通りの対応への変更は、2023年7月1日入居分からとさせていただきます。

●会館施設内での対応

1)マスクの着用
 原則として居住者・本館施設利用者の判断に委ねますが、以下の場合には館内共有スペースでのマスク着用をお願いいたします。
  ・37.5度以上の発熱が確認された場合
  ・COVID-19陽性と診断された場合

 参考:厚生労働省サイトマスクの着用について 

2)COVID-19陽性時の対応
 ・出校停止となった場合には受入教員からの指示に従うと共に、国際交流会館自室からの外出をなるべく控え、
  館内の共有スペース(洗濯室、ゴミ捨て場を含む)を利用する場合はマスク着用の上、他者との接触を控えてご利用ください。
 ・国際交流会館事務室への連絡は居室内のインターホン(国際交流会館居住者のみ)、電話またはメール等、
  事務室スタッフと接触しない方法で行ってください。