住まい探しのポイント

住まい探しの際、あなたは何を重視しますか?ハウジングサポートでは(1)便利さ、(2)防犯、(3)防災の3つの観点から、住まい探しのポイント例をまとめてみました。ご自身でもどのようなポイントを考慮する必要があるか考えた上で、住まいを探しましょう。

(1)便利さ

便利な生活のため、住まいの周辺環境や部屋の設備等をあらかじめチェックしておくとよいでしょう。

  •  周辺環境について

     □ 最寄りの駅やバス停までの距離は?

     □ キャンパスまでのアクセスは良いか?

     □ 近くに商店街やスーパー、コンビニエンスストア等があるか?

  •  部屋の設備等について

     □ 希望する設備はあるか?(インターネットの接続状況、収納など)

(2)防犯

住まい探しの際、通学・通勤時間や家賃に目が向きがちですが、防犯対策も重要です。

  •  周辺環境及び建物・部屋の位置を確認する
    物件の周辺状況についてインターネット等で情報を得る他、時間に余裕があれば、自身の生活リズムに合わせて、明るい日中と暗くなって以降の両方の時間に、実際に街を歩いてみるとよいでしょう。

     □ 通りが安全か?(夜の人通りはあるか?途中に暗い場所はないか?)

     □ 周辺の交番の場所は?

     □ 防犯の観点から、建物の内外を確認

  •  物件の設備を確認する
    物件では、どのような防犯対策がとられているのか確認しましょう。

     □ 玄関や窓の鍵はどうなっているか?

(3)防災

日本には四季があり、自然豊かな一方で、台風、豪雨、洪水、土砂災害、地震、津波などの被害に見舞われることがあります。こうした自然災害の被害にあわないために、自分の住む地域における災害のリスクを理解した上で、日頃から災害に備え、また、災害が起きた時にどのように行動すべきかを考えておきましょう。

なお、多くの場合、自治体のホームページから、その地域の防災情報が得られます。住む前に確認することをお勧めします。

自治体からの情報は こちら

おすすめ防災アプリ・SNS・情報サイト

     11か国語(日本語、英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語、タガログ語、ネパール語)に対応。

(参考)→ 日本での生活 > 災害への備え